ホワイトニングの基礎知識とメリット・デメリット

自宅で誰でも専門店のようなホワイトニングが出来ると話題のホワイトニング歯磨きシリーズ「美歯口」。

 

しかし、その効果を最大限に発揮してもらうには、やはりある程度のホワイトニングの上手なやり方は知っておきたいところ。

 

どうせなら歯をよりきれいに、そしてお口全体をより健康的にしちゃおう!…という事で、今回はホワイトニングの基本的な部分についてお話をしていきたいと思います。

そもそもホワイトニングって何?

まあ、ホワイトニングとは「歯を白くする事」に他ならない訳なんですが、その施術方法には幾つかの種類があり、私たちの身近で行われている施法を挙げると、「漂白剤などで歯の色自体を白くする」というものや、「研磨剤や吸着剤で色素汚れを落としていく」という2つの方法に大別されます。

 

美歯口の場合は後者にあたりますが、この商品には研磨剤は含まれていないため、この場合は「吸着剤で色素汚れを落としていく」というものが、美歯口の主な効果になりますね。

ホワイトニングの方法別のメリットとデメリット

ホワイトニングひとつに何故様々なやり方があるのかと言うと、それはそのやり方それぞれに良い点・悪い点が存在していて、歯を白くしたい人のニーズによって、求められる部分が変わってくるからです。

 

では、ここでそのそれぞれのホワイトニング方法における、メリットとデメリットを挙げてみる事にしましょう。

歯を漂白するメリット

このホワイトニング方法の一番のメリットは、とにかく結果が出るまでが早い事。

 

早ければ歯医者さんに行ってその日には歯が白くなってくれるので、すぐにでも結果が欲しいという方にはオススメの方法です。

 

昔はこの漂白剤の成分がキツく、歯や歯茎にダメージを与えてしまうようなものも多かったのですが、最近では口内環境や身体に悪影響のない漂白剤が使われる事がほとんどですので、意外と身体に優しいと言うところもひとつのメリットかもしれませんね。

歯を漂白するデメリット

メリットだけを見ると「漂白するのが一番じゃないの?」と思われるかもしれませんが、実はメリットと比例してそのデメリットも同様に大きいものがあり、歯の漂白を敬遠されてしまう方も多くいらっしゃるようです。

 

まず、そのデメリットとして一番重大だと思われるものが、「失敗すると取り返しがつかない」という部分でしょう。

 

歯の漂白は、下手に行うと歯の色が斑になってしまったり、漂白剤の処方を間違ってしまう事や、通常よりも歯の強度が弱い人の場合などに歯が変色して、余計に歯が黄色くなってしまったり、青く変色してしまうケースがあるのです。

 

また、これは素人が自分で歯を漂白してしまった時に最も起こりやすいものなのですが、困ったことに専門の歯医者さんやデンタルクリニックなどでも、同じトラブルが起きてしまう可能性がある部分が非常に厄介で、しかっりとした施術が出来る施設を見極めるのが難しいというところも問題であると言えるでしょう。

 

そして、もうひとつ大きな問題と言えるのが施術費用の高さです。

 

相場みると1回の施術につき1万5千円~5万円程度と非常に高額で、しかも1回の治療では終わらない事の方が遙かに多いので、総額で言えばもっと大きな金額が掛かってしまう事に…(-_-;)

研磨剤入りの歯磨き粉でホワイトニングするメリット

研磨剤入りのホワイトニング歯磨きは(人気は下火とは言え…)近所のドラッグストアなどでも簡単に手に入るところが良いところ。

 

しかも、安いものであれば1,000円以内で十分に購入出来ますし、わざわざ専門の施設に通わなくても良いというのが最大のメリットです。

 

ついでに、汚れを吸着するタイプの歯磨き粉に比べると、効果が出る(歯が白くなる)までのスピードもやや早く、誰でも簡単に使えてある程度の速効性にも期待出来るのが強みであると言えるでしょう。

研磨剤入りの歯磨き粉でホワイトニングするデメリット

以前は「歯を白くする」と謳う歯磨き粉には研磨剤が入っているのが当たり前だったのですが、最近ではこういったタイプの商品は珍しくなってきています…と言っても、普通に買える位にはありますけど。

 

まあ、その原因は研磨剤入りの歯磨き粉の人気の低迷にあるのですが、何故人気が落ちてしまったのかというと、研磨剤が歯や歯茎を痛めてしまう危険性がある事が分かってきたからです。

 

もちろん、研磨剤自体は専門家が行うホワイトニングにも使われているものですので、正しく使えばそれ相応の効果に期待出来るのですが、私たち素人が使うとついつい力を入れすぎて磨いてしまったり、歯の1本1本を均等に磨く事が難しかったりして、余計なお口のトラブルを引き起こしてしまう原因になってしまうのです…。

 

そもそも、歯の色素汚れや虫歯菌というものは、このようにして出来た歯の傷やくぼみなどに付着しやすく、それを余計に酷くしてしまう可能性のある研磨剤入りの歯磨き粉は、いつの間にか人気が低迷してしまう事になったのでした(^^;)

吸着剤入りの歯磨き粉でホワイトニングするメリット

美歯口をはじめとするホワイトニング歯磨き市場において、現在最も人気が高いのがこの吸着剤入りのタイプです。

 

吸着剤(美歯口の場合はヒドロキシアパタイト)は歯に付着した歯垢や色素汚れを吸着して絡め取るものなので、歯や歯茎を傷付ける心配が無く、家庭用のホワイトニング歯磨きとしては最も優れている成分と言えるでしょう。

 

また、美歯口に配合されている吸着剤(ヒドロキシアパタイト)は、歯の構成成分であるハイドロキシアパタイトとほとんど同じ組成で出来た成分で、これが歯に浸透する事で歯の再石灰化を促し、歯の表面(エナメル質)の傷を修復してくれる効果にも期待が出来ます。

 

また、研磨剤や漂白剤には人体に悪い影響を与えてしまうものも多いですが、ヒドロキシアパタイトには副作用などもほぼ無いため、安全性の高さについても非常に優秀な成分なんですよ(^^)

吸着剤入りの歯磨き粉でホワイトニングするデメリット

このホワイトニング方法の唯一にして一番の欠点が、ホワイトニング効果が実感出来るまでに時間が掛かってしまいがちなところです。

 

まあ、この辺りは効果と安全性のバランスの問題があるので仕方ない部分はありますし、それでも美歯口の場合は効果の早さについても評価はされているのですが、さすがに1週間や2週間でどうこう出来るものでは無いんですよね…(^^;)

 

ここで美歯口を基準にしてみると、ネットやSNSの口コミでは、多くの方は1ヶ月程度でホワイトニング効果を実感されているみたいですが、そこは元々の状態や体質による個人差などによって、効果を実感する早さは変わってくると思いますので、出来れば2~3ヶ月程度は続ける心積もりでケアをしていきたいところですね。

 

しかしまぁ、お金や時間に沢山余裕のある方なら専門のクリニックに通うのが良いかな…とは思うのですが、毎日仕事や家事に追われてホワイトニングを受ける暇の無い方や、どうせなら出来るだけ安くホワイトニングをしたい!という方は、この吸着成分入りのホワイトニング歯磨きシリーズ「美歯口」をオススメします(^^)

 

美歯口の口コミはこちら>>

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*