未分類

本当は怖い!?お口のトラブル

虫歯や歯周病、歯の黄ばみ、そして口臭といった様々なお口のトラブル。

 

まぁ、虫歯は痛みもありますし、歯周病も含め、最悪の場合は歯が無くなってしまう事もあるため、そういったお口のトラブルには気を付けている方も多いと思います。

 

しかし、歯の黄ばみや口臭となるとどうでしょうか?

 

こういった自覚症状の無いお口のトラブルの場合、自分では気付きにくい部分もありますし、気付いていてもついついケアを後回しにしてしまう人も多いのではないでしょうか。

 

今回はそんな「黄ばみ」や「口臭」といった、見過ごされてしまいがちなお口のトラブルの隠れた怖さについて書いていこうと思います。

口臭・歯の黄ばみによって起こり得るこわ~い話

ではまず、口臭が強い事で起こり得るデメリットを具体的に幾つか挙げてみる事にしましょう。

悪いイメージを抱かれてしまうかも…

仕事でもプライベートにおいても、身だしなみや髪型などの「見た目」というものは、良好な人間関係を築くための重要なファクターです。

 

例えば清潔感の無い人なんかとは、初対面だと絡みづらいというか…まぁ、あまり積極的に仲良くなろうとは思わないかも(^^;)

 

つまり、口臭や歯の黄ばみの場合もその見た目の身だしなみと同じで、ちゃんとケアが出来ていないと「この人はだらしない人なのかな…」とか、「不潔な人だなぁ…」なんて思われてしまう可能性があるんですよね。

 

口臭のせいで相手に気を使わせてしまったり、嫌な気分にさせてしまう事があれば、それはもう自分一人の問題だけでは無くなってしまいますし、円滑なコミュニケーションの妨げになり、人間関係にも悪影響が出てしまう事も考えられます。

 

実際、私が学生の頃バイトをしていた地元のスーパーで、口臭が元でお客さんから苦情が来て、レジに立たせてもらえなくなったパートさんがいましたよ…(~_~;)

 

歯の黄ばみはもっと分かりやすく、見た目からしてあまり良くは無いですよね。

 

例えばの話、“今日は彼氏と初デート。バシッと爽やかに決めてみても、歯がまっ黄色…”なんて事ではせっかくの清楚系ファッションが台無し…。

 

これじゃあ彼氏もドン引きしちゃうかも(^_^;

 

何にせよ、円滑な人間関係を築くためには、口臭や歯の黄ばみなんてものは、邪魔者以外の何者でも無い訳です。

対人関係に自信が持てなくなる

これ、私が中学生の時に実際に体験した話なんですが、ある日、クラスの男子から「お前口臭くない?」…と言われた事があります。

 

まあ、もしかするとただの冗談だったのかもしれないし、相手もそんなに悪気があって言ったのでは無いのかも知れませんが、私としては非常にこたえました(°°;)

 

恐らくはそれがきっかけだったのですが、それからというもの、私は誰と話す時も自分の口のニオイが気になってしまい、いつしか自分から人と関わるのを避けるように…。

 

この話を聞くと、「思春期だから余計に気にしてしまったのでは?」…なんて思われるかも知れませんが…。

 

想像してみて下さい。これと同じセリフを、意中の男性から言われたらどうですか?

 

…ね!想像するだけで、かなり怖いですよねぇ…。

 

結構、口臭や歯の黄ばみって、自分ではなかなか気づきにくいものですから、突然他人から指摘されると、軽いトラウマになります…経験上(T-T)

別の大きな病気に気付けないかも

さすがに、私自身はせっかくのこの経験はありませんが、普段から口臭をそのままにしておくと、別の重要な病気のサインを見逃してしまう危険性も…。

 

口臭がサインとして表れる病気には、呼吸器系や消化器系、肝臓・腎臓・耳鼻咽頭etc…。

 

それこそ挙げればキリが無いのですが、その中には肺ガンや胃ガン、肝臓ガンなどの命に関わる病気によって発生する場合もあるのです。

 

まあ、「ガンの場合は腐敗臭がする」なんて事も言われていますが、素人にそれが判別出来るのかどうか…。

 

私は全く自信が無いですけどね(^_^;

 

そういう訳で、いつもの口臭だと思っていたら、実は重い病気だった…などという事が無いように、日頃の口臭ケアはこまめに行っておいた方が良いでしょうね。

 

もちろん、ニオイ消しのタブレットや口臭スプレーなんかでは、今度は重大なサインとしての口のニオイを見過ごしてしまうかもしれませんので、ここはあくまでも、自然な状態のまま口臭だけをケアする方法が必要になるでしょう。

自分で手軽に口臭・歯の黄ばみをケア出来ちゃう!?

自分一人だけでは無く、自分の周囲の人にも嫌な思いをさせてしまうかもしれない、困った口臭や歯の黄ばみ。

 

こうしたお口のトラブルを、原因の根本から解決するためには、歯医者さんやマウスクリニックに通うしか無い。

 

…なんてのは時代遅れな話で、最近は専門施設並みのマウスケアが、自宅で自分一人だけで出来ちゃうんですよ(^^ )

 

そんな便利な商品がホワイトニング歯磨き粉とマウストリートメントがセットになった「美歯口」です。

美歯口のココが凄い!

これまでも、口臭をケアしたり歯をホワイトニングしてくれる商品は存在しましたが、「美歯口」の凄いところは、ホワイトニングに加えて歯のトリートメント・コーティングが自宅で簡単に出来てしまうところ。

 

しかもその効果は多くのホワイトニング専門店や歯科医師に認められた、折り紙付きの商品なのです。

 

放っておくと、様々な人間関係などのトラブルに繋がってしまいかねない口臭や歯の黄ばみを、出来るならどうにかしたいと思っている人も多いはず。

 

しかし、専門施設に通うとお金も沢山掛かってしまいますし、それより何より面倒くさい…。

 

まあ、「そんな所に通える気持ちがあれば、悩む前にとっくに通ってるわ!」…って話ですしねぇ(^_^;

 

兎にも角にも、自宅で簡単にお口のトータルケアが出来ちゃう「美歯口」…口臭や歯の黄ばみが更に大きなトラブルに発展してしまう前に、お悩みの方は一度試してみては如何でしょうか。

 

美歯口の口コミはこちら>>

美歯口30DAYSホワイトニングキットは返金保証付きで試せます!

美歯口ホワイトニングキットはこちらからどうぞ

“美歯口”歯磨き粉の特長と効果的な使い方は?

あのGENKINGさんが愛用している事でも有名なホワイトニング歯磨き「美歯口」。

 

すでに、ネットやSNSなどでは話題沸騰中の商品なので、名前は聞いた事があるとか、GENKINGが出ている広告を雑誌などで見かけた事があるという方も多いかもしれませんね(^^ )

 

でも、私自身がそうだったんですけど、“美歯口”って一言に言っても、その中には「歯磨き粉」とか「マウストリートメント」などの幾つかのラインナップある事は知らないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

今回は、そんな美歯口シリーズの「ホワイトニング歯磨き粉」について、詳しくご紹介していこうと思います!

美歯口の歯磨き粉ってどんな商品?

美歯口の歯磨き粉も、歯を白くするための“ホワイトニング歯磨き粉”には違いないのですが、実際にこの商品を使ってみると、他の歯磨き粉とはまた変わった印象を感じました。

ホワイトニング歯磨き粉なのに不味くない!

私は、この美歯口と出会う前にも色々なホワイトニング歯磨き粉をした経験があるのですが、そのどれも長続きする事無く、使用途中で挫折してしまってばかり…。

 

実際に私が使用してきたホワイトニング歯磨き粉の場合だと、何だか研磨剤が入ってるおかげで生コン(固まる前のコンクリート)食べてるみたいな味がしたり、強い清涼剤でごまかしているせいで辛過ぎて口や舌がヒリヒリしたり…。

 

何というか…ちょうど良い感じのものが無かったんですよねぇ(^^;)

 

その点、美歯口の歯磨き粉は美味しい…と言うのもちょっと変ですが、普通のホワイトニング歯磨き粉にありがちな変な味やニオイも無く、ミントの辛みもあまり強く無かったので、とても使いやすかったですね。

研磨剤不使用だから歯を傷付けない!

普通の歯磨き粉でも同じ事が言えるのですが、ホワイトニング歯磨き粉には「研磨剤」が含まれているものが多くあります。

 

研磨剤を使うと、歯に付着した汚れ(黄ばみ)を削り落としてくれるので、確かに歯を白くする効果は高いのですが、その代わりに歯の表面を傷つけてしまう可能性が非常に高いのです。

 

歯に傷が付いてしまうと、その傷に色素汚れや歯垢が付着しやすくなるんですよ…(ーー;)

 

そうなってしまっては全くの逆効果ですから、どうせ使うなら美歯口のような研磨剤の入っていないホワイトニング歯磨き粉を使いたいところですね。

美歯口の歯磨き粉の効果は?

ここでは美歯口の歯磨き粉を使う事で期待出来るその効果について、私自身の実感を交えながら解説を行っていきます。

歯がツルツルピカピカに!

前述で少し触れた「研磨剤」入りの歯磨き粉を使うと、歯の表面に傷が付いてザラザラになってしまう事もありますが、美歯口の場合はそんな事はありません。

 

美歯口の場合、「汚れを擦り落とす」のでは無く「汚れを吸着して除去する」というものなので、歯を傷付けてしまう心配は無いんですよ。

 

美歯口の歯磨き粉で磨いた後は、舌で歯に触ってみるとツルツルで気持ちが良いです(#^.^#)

口臭を予防してくれる!

お口のトラブルの中で、歯の黄ばみと同じくらいに気になってしまうのが「口臭」ですよね。

 

私も若いときはあまり口臭なんて無かったんですけど(気にしてなかっただけかもしれませんが…(^^;))、ある日、息子に「ママお口臭い!」…なんて事を言われちゃったんです…(T-T)

 

でもそう言えば、美歯口の歯磨き粉を使い始めてからは、そんな事を言われる事は無くなりまして、毎日チュッチュさせてくれてます♡

もちろん虫歯や歯周病の予防にも!

そりゃまあ、歯磨き粉ですから虫歯予防にも当然効果があるのですが、この辺りも普通の歯磨き粉よりも高い効果に期待出来そうです。

 

普通の歯磨き粉はどちらかと言うと、「歯茎をマッサージするもの」で、実はそんなに汚れを取る力は強く無いのです…。

 

しかし、美歯口はもちろん歯茎の健康を保つ効果もありますが、特に「歯の汚れの除去」に特化した商品なので、歯に付着した汚れごと、虫歯菌をきれいさっぱり取り除いてくれます。

 

更に、虫歯菌は歯の表面に出来たくぼみや傷に隠れてしまう傾向があるのですが、美歯口はその傷までもケアしてくれるので、虫歯菌が隠れる場所も無くなってしまうという訳なのです。

 

まあ、虫歯予防の効果についてはすぐに実感出来るようなものではありませんが、私自身も家族にも虫歯一本無いというのは確かです(^^ )

美歯口の歯磨き粉を使ってみたレビュー

ここで少し、私が美歯口の歯磨き粉を使ってみた感想を書いていきたいと思います。

 

まず、味やニオイですが、これは前述でも少し触れたように、変わった味やニオイも無く非常に使いやすかったです(^^ )

 

あと、私がちょっと気になったのが、美歯口で歯を磨いた時の泡立ちなのですが、ちょっと泡立ちは少ない気がしますね。

 

でも、普通の歯磨き粉のあの泡立ちって、実は発泡剤による作られた泡立ちで、あまり歯磨きには意味が無いものらしいですけどね(^_^;

 

まあ、気分的には良く泡立った方が気持ち良いので、もう少し泡立ちを良くしてくれた方が好みではありますが…。

 

逆に言うと、「余計なものが入っていない」という事で、むしろメリットになるのかも?

美歯口の効果的な使い方

美歯口は普通の歯磨き粉と同じように使ってもらえればOKなのですが、普通の歯磨き粉が「歯茎をマッサージするように磨く」と言われるのとは反対に、美歯口は「歯自体を中心に磨いていく」というのがコツです。

 

もちろん、歯茎もマッサージした上での話ですので、その辺りはいつもの歯磨きよりも時間を掛けて丁寧に磨く事を心掛けましょう。

 

また、使うタイミングとしては、夜に使うのがベスト。

 

睡眠中は歯の再石灰化が活発に行われる時間帯なので、美歯口の効果が最大限に発揮されます。

 

ちなみに、ホワイトニング効果だけを考えれば、歯への色素沈着を防ぐために飲食後に毎回歯を磨くのが効果的ではありますが、これはあまりオススメは出来ません。

 

食後すぐは唾液が多く分泌され、この唾液が口内の湿度を保って口臭を予防したり、虫歯菌を殺菌する作用があるのですが、このタイミングで歯を磨いてしまうと、せっかくの唾液が無くなってしまいます。

 

これはマウスケアとしては完全に逆効果なので、基本的には歯磨きは1日2回、朝起きた時と夜寝る前だけで十分です。

 

歯の黄ばみや口臭などを早く改善したい気持ちは分かりますが、そこは正しい知識を持って、正しくマウスケアが出来るように気を付けて下さいね(^^ )

 

美歯口の口コミはこちら>>

美歯口30DAYSホワイトニングキットは返金保証付きで試せます!

美歯口ホワイトニングキットはこちらからどうぞ

“美歯口”マウストリートメントはこんな商品!

年齢のせいか食べ物のせいかは判らないのですが、最近歯が若い時より黄色くなっているような気がして、ネットやSNSで人気だという美歯口を使用するようになりました。

 

でも、私がこの「美歯口」を購入する前の、下調べの時に不満に思った事が一つありまして、それが“歯磨き粉の事は色んなサイトに書いてあるけど、マウストリートメントの情報が少ない!”…という事。

 

まあ、無ければ作ってしまえば良いじゃない…という訳で、今回は美歯口のマウストリートメントについて詳しく書いていきますよ!

美歯口のマウストリートメントってどんな商品?

以下に、美歯口のマウストリートメントの商品としての特長をまとめてみました!

特長①歯をコーティングしちゃうよ!

美歯口のマウストリートメントが他のマウスケア商品と何が違うのか言うと、それは「ホワイトニング後のアフターケアが出来る」という部分です。

 

せっかくホワイトニングをしても、このアフターケアがしっかり出来ていなければ、ホワイトニングの効果は大きく低下してしまうのです…。

 

ちなみに、ホワイトニング後のアフターケアとは、歯を薬剤で“コーティング”する事。

 

これをホワイトニング後に行う事で、歯の表面にある傷やくぼみを埋め、新たな色素汚れの付着を防いでくれます。

 

このマウストリートメントを歯に付けて歯ブラシで磨くと、歯がツルツルピカピカになりますよ(^^ )

特長②毎日使わなくてもOK!

美歯口の「マウストリートメント」は、2~3日に1回使うだけでOKなんですよ。

 

1度使ってしまえば長く歯のコーティング効果が持続してくれるので、ホワイトニング後に毎回使わなければいけない訳じゃ無いんですね。

 

この部分は結構忙しい主婦には重要なところじゃないかと思いますよ。

 

私なんかも子供達の歯磨きを見てあげるだけで精一杯なので、毎回ケアする時間を取れるとは限りませんから…(^_^;

 

何にせよ、手間があまり掛からないというのは有り難い事ですね。

特長③身体に優しい!

配合成分については後程改めて解説しますが、美歯口マウストリートメントに配合されている清掃剤や香料や清涼剤などは、全て植物や貝殻(ホタテ)から作られた天然素材。

 

だから、万が一飲み込んでしまっても、身体に害はありませんし、子供やお年寄り、妊娠中のママさんなどにも安心して使っていただけます。

 

ウチの子供にもこの商品を使わせているのですが、清涼剤(スーッとする味の成分)もキツくなく、辛みが少ないので、子供達も嫌がらずに使ってくれていますよ(^^ )

特長④これ一本で大体何でも出来ちゃう

マウスケアと一言に言っても、その中にはホワイトニングとか虫歯予防など色々なものがありますよね。

 

実は、これらを全てトータルケア出来てしまうのが、この美歯口マウストリートメントなんですよ。

 

具体的な例を挙げると…

 

①虫歯予防

②歯周病予防

③ホワイトニング

④口臭予防

⑤歯石の付着予防

 

…の5つの効果に期待出来るんだとか…これってほとんどお口のトラブル全部じゃないですかΣ( ̄□ ̄)!

 

いやぁ~、たった一本でこれだけの効果があるなんて、ズボラな私にはピッタリだなぁ(笑)。

副作用はあるの?子供にも使える?

美歯口のマウストリートメントに含まれている成分は、ほとんどのものが自然由来の成分ですし、これまでに副作用なども報告されていないみたいです。

 

もちろんお子さんにも安心して使わせてあげられますし、味が辛くスースーした風味のマウスケア商品が苦手な方でも、このマウストリートメントなら安心して使用出来ると思いますよ(^^)

デメリットはある?

まあ、はっきり言って、このマウストリートメントを使う事自体には特にデメリットは見あたりませんね。

 

しかし、一つだけ言えるのは、「歯が白くなる」という効果を実感するためには、それなりの継続が必要という事です。

 

この商品を使ったからといって、1週間や2週間ではなかなか歯が白くなったとは実感出来ないでしょう(一部には居られますが…)から、少なくとも2~3ヶ月は続けてみるつもりで購入すると良いかと思いますね。

美歯口マウストリートメントの効果的な使い方

まず、この商品はスプレータイプですが、直接口内に吹き付けて使う訳では無く、歯ブラシに2~3プッシュ分とり、歯と歯茎を優しくマッサージするようにして使っていきます。

 

基本的には2~3日に1回の使用で問題ありませんが、口がよく乾いてしまう人や、水分を多く飲んでコーティングがはがれてしまいやすいような方などは、1日1回のペースで使用していただいても結構です。

 

ちなみに、使用するタイミングは夜がベストで、寝ている間に歯の再石灰化が活発に行われたり、口内環境を整えて虫歯や歯周病、更に口臭の予防などの効果アップに期待できるみたいですよ。

 

そして、薬液を歯と歯茎全体に行き渡らせたら、後は水で口を濯いでいくのですが、これは本当に軽く…余った薬液をさっと濯ぐ程度でOKです。

 

前述したように、この商品に含まれる成分は体内に入ってもほぼ悪影響はありませんし、あまり激しく濯いでしまうとせっかくのコーティングがはがれてしまう可能性があるので、濯ぎ過ぎには注意して下さいね。

 

…とまあ、使い方についてもこれでお仕舞い。特に変わった使い方もありませんので、これならどんな人でも簡単にお口のトータルケアが出来ちゃいそうですね(^^)

 

それと、どうせホワイトニング歯磨きを使うのであれば、同シリーズの美歯口の歯磨き粉と併せて使用するのが最も効果的なようですね。

 

まあ、このマウストリートメントは美歯口の歯磨き粉で歯磨きをした後のアフターケア用の商品ですから、出来れば歯磨き粉とマウストリートメントを一緒に使うようにして下さいね(^^)

 

美歯口の口コミはこちら>>

 

美歯口30DAYSホワイトニングキットは返金保証付きで試せます!

美歯口ホワイトニングキットはこちらからどうぞ

ホワイトニングの基礎知識とメリット・デメリット

自宅で誰でも専門店のようなホワイトニングが出来ると話題のホワイトニング歯磨きシリーズ「美歯口」。

 

しかし、その効果を最大限に発揮してもらうには、やはりある程度のホワイトニングの上手なやり方は知っておきたいところ。

 

どうせなら歯をよりきれいに、そしてお口全体をより健康的にしちゃおう!…という事で、今回はホワイトニングの基本的な部分についてお話をしていきたいと思います。

そもそもホワイトニングって何?

まあ、ホワイトニングとは「歯を白くする事」に他ならない訳なんですが、その施術方法には幾つかの種類があり、私たちの身近で行われている施法を挙げると、「漂白剤などで歯の色自体を白くする」というものや、「研磨剤や吸着剤で色素汚れを落としていく」という2つの方法に大別されます。

 

美歯口の場合は後者にあたりますが、この商品には研磨剤は含まれていないため、この場合は「吸着剤で色素汚れを落としていく」というものが、美歯口の主な効果になりますね。

ホワイトニングの方法別のメリットとデメリット

ホワイトニングひとつに何故様々なやり方があるのかと言うと、それはそのやり方それぞれに良い点・悪い点が存在していて、歯を白くしたい人のニーズによって、求められる部分が変わってくるからです。

 

では、ここでそのそれぞれのホワイトニング方法における、メリットとデメリットを挙げてみる事にしましょう。

歯を漂白するメリット

このホワイトニング方法の一番のメリットは、とにかく結果が出るまでが早い事。

 

早ければ歯医者さんに行ってその日には歯が白くなってくれるので、すぐにでも結果が欲しいという方にはオススメの方法です。

 

昔はこの漂白剤の成分がキツく、歯や歯茎にダメージを与えてしまうようなものも多かったのですが、最近では口内環境や身体に悪影響のない漂白剤が使われる事がほとんどですので、意外と身体に優しいと言うところもひとつのメリットかもしれませんね。

歯を漂白するデメリット

メリットだけを見ると「漂白するのが一番じゃないの?」と思われるかもしれませんが、実はメリットと比例してそのデメリットも同様に大きいものがあり、歯の漂白を敬遠されてしまう方も多くいらっしゃるようです。

 

まず、そのデメリットとして一番重大だと思われるものが、「失敗すると取り返しがつかない」という部分でしょう。

 

歯の漂白は、下手に行うと歯の色が斑になってしまったり、漂白剤の処方を間違ってしまう事や、通常よりも歯の強度が弱い人の場合などに歯が変色して、余計に歯が黄色くなってしまったり、青く変色してしまうケースがあるのです。

 

また、これは素人が自分で歯を漂白してしまった時に最も起こりやすいものなのですが、困ったことに専門の歯医者さんやデンタルクリニックなどでも、同じトラブルが起きてしまう可能性がある部分が非常に厄介で、しかっりとした施術が出来る施設を見極めるのが難しいというところも問題であると言えるでしょう。

 

そして、もうひとつ大きな問題と言えるのが施術費用の高さです。

 

相場みると1回の施術につき1万5千円~5万円程度と非常に高額で、しかも1回の治療では終わらない事の方が遙かに多いので、総額で言えばもっと大きな金額が掛かってしまう事に…(-_-;)

研磨剤入りの歯磨き粉でホワイトニングするメリット

研磨剤入りのホワイトニング歯磨きは(人気は下火とは言え…)近所のドラッグストアなどでも簡単に手に入るところが良いところ。

 

しかも、安いものであれば1,000円以内で十分に購入出来ますし、わざわざ専門の施設に通わなくても良いというのが最大のメリットです。

 

ついでに、汚れを吸着するタイプの歯磨き粉に比べると、効果が出る(歯が白くなる)までのスピードもやや早く、誰でも簡単に使えてある程度の速効性にも期待出来るのが強みであると言えるでしょう。

研磨剤入りの歯磨き粉でホワイトニングするデメリット

以前は「歯を白くする」と謳う歯磨き粉には研磨剤が入っているのが当たり前だったのですが、最近ではこういったタイプの商品は珍しくなってきています…と言っても、普通に買える位にはありますけど。

 

まあ、その原因は研磨剤入りの歯磨き粉の人気の低迷にあるのですが、何故人気が落ちてしまったのかというと、研磨剤が歯や歯茎を痛めてしまう危険性がある事が分かってきたからです。

 

もちろん、研磨剤自体は専門家が行うホワイトニングにも使われているものですので、正しく使えばそれ相応の効果に期待出来るのですが、私たち素人が使うとついつい力を入れすぎて磨いてしまったり、歯の1本1本を均等に磨く事が難しかったりして、余計なお口のトラブルを引き起こしてしまう原因になってしまうのです…。

 

そもそも、歯の色素汚れや虫歯菌というものは、このようにして出来た歯の傷やくぼみなどに付着しやすく、それを余計に酷くしてしまう可能性のある研磨剤入りの歯磨き粉は、いつの間にか人気が低迷してしまう事になったのでした(^^;)

吸着剤入りの歯磨き粉でホワイトニングするメリット

美歯口をはじめとするホワイトニング歯磨き市場において、現在最も人気が高いのがこの吸着剤入りのタイプです。

 

吸着剤(美歯口の場合はヒドロキシアパタイト)は歯に付着した歯垢や色素汚れを吸着して絡め取るものなので、歯や歯茎を傷付ける心配が無く、家庭用のホワイトニング歯磨きとしては最も優れている成分と言えるでしょう。

 

また、美歯口に配合されている吸着剤(ヒドロキシアパタイト)は、歯の構成成分であるハイドロキシアパタイトとほとんど同じ組成で出来た成分で、これが歯に浸透する事で歯の再石灰化を促し、歯の表面(エナメル質)の傷を修復してくれる効果にも期待が出来ます。

 

また、研磨剤や漂白剤には人体に悪い影響を与えてしまうものも多いですが、ヒドロキシアパタイトには副作用などもほぼ無いため、安全性の高さについても非常に優秀な成分なんですよ(^^)

吸着剤入りの歯磨き粉でホワイトニングするデメリット

このホワイトニング方法の唯一にして一番の欠点が、ホワイトニング効果が実感出来るまでに時間が掛かってしまいがちなところです。

 

まあ、この辺りは効果と安全性のバランスの問題があるので仕方ない部分はありますし、それでも美歯口の場合は効果の早さについても評価はされているのですが、さすがに1週間や2週間でどうこう出来るものでは無いんですよね…(^^;)

 

ここで美歯口を基準にしてみると、ネットやSNSの口コミでは、多くの方は1ヶ月程度でホワイトニング効果を実感されているみたいですが、そこは元々の状態や体質による個人差などによって、効果を実感する早さは変わってくると思いますので、出来れば2~3ヶ月程度は続ける心積もりでケアをしていきたいところですね。

 

しかしまぁ、お金や時間に沢山余裕のある方なら専門のクリニックに通うのが良いかな…とは思うのですが、毎日仕事や家事に追われてホワイトニングを受ける暇の無い方や、どうせなら出来るだけ安くホワイトニングをしたい!という方は、この吸着成分入りのホワイトニング歯磨きシリーズ「美歯口」をオススメします(^^)

 

美歯口の口コミはこちら>>

 

美歯口30DAYSホワイトニングキットは返金保証付きで試せます!

美歯口ホワイトニングキットはこちらからどうぞ

美歯口の全成分を徹底解説!

GENKINGさんが広告塔を務められている事で話題のホワイトニング歯磨き粉シリーズ「美歯口」。

 

自宅で簡単に歯のホワイトニングや口臭ケア、虫歯・歯周病予防などのオーラルケアが出来るとして人気の商品なのですが、その成分にはどのようなものが使われているのでしょうか。

 

直接口の中に入れるものですから、身体に悪い成分なんかが含まれてたら困りすよね…(ーー;)

 

…という訳で、ここではその「美歯口」に含まれている成分について、徹底解説をしていきます。

美歯口の全成分

原材料/成分
清掃剤:炭酸Ca/水/湿潤剤:グリセリン、ソルビトール/可溶化剤:PEG-8/清掃剤:含水シリカ/甘味剤:キシリトール/洗浄剤:ラウロイルグルタミン酸Na/着色剤:酸化チタン/清掃剤:ヒドロキシアパタイト/粘結剤:カラギーナン、キサンタンガム/清掃剤:三リン酸5Na、メタリン酸Na/保湿剤:グリチルリチン酸2K、スイカズラ花エキス、タウリン、リシンHCl、グルタミン酸、グリシン、ロイシン、ヒスチジンHCl、セリン、バリン、アスパラギン酸Na、トレオニン、アラニン、イソロイシン、アラントイン、フェニルアラニン、アルギニン、プロリン、チロシン、イノシン酸2Na、グアニル酸2Na、ポリソルベート80、白金/香味剤:ハッカ油、スペアミント油/溶剤:エタノール/保存料:銀、酢酸、フィチン酸、炭酸水素Na、フェノキシエタノール

参考:美歯口オフィシャルサイト

http://bihaku.tokyo/products/detail/4?admin=1

うわ~(゚Д゚)何か沢山入ってるなぁ~。

 

でも、ほとんどのものは普通の歯磨き粉にも含まれている成分で、もちろん口に入れても安全な成分ばかり。

 

そして、美歯口の特徴的な成分はと言うと、「ヒドロキシアパタイト」「ソルビトール」「キシリトール」「ハッカ油」「スペアミント」辺りでしょうかね。

ヒドロキシアパタイトとは

ヒドロキシアパタイトは歯の主な構成成分である「ハイドロキシアパタイト」とほぼ同じ組成・働きを持つ成分です。

 

美歯口のものは、ホタテの貝殻から作られた天然由来の成分なので、副作用などの心配もありません。

 

この成分にはたんぱく質を吸着する作用があり、歯に付着した黄ばみの原因であるたんぱく質汚れを落としてくれます。

 

さらに、歯のエナメル質の傷やすり減りを再石灰化によって修復する働きもあります。

ソルビトール

ソルビトールはリンゴやバラといった果実や花・種子から抽出される、植物由来の成分です。

 

これは食品の甘味料の他、化粧品の保湿剤、医薬品の甘味付け(糖衣など)にも使われている“食べられる”成分でもあり、副作用の危険性はありません。

 

美歯口としては、歯磨き粉を滑らかにするためや、歯磨き粉やマウストリートメントの味の調整に使われていますが、他にもお口の中の潤いを保ち、虫歯や歯周病などのトラブルを防ぐ役割も担っています。

キシリトール

チューイングガムなんかでは夕食な成分で、果物や植物の葉っぱなどから作られる天然の代用甘味料です。

 

キシリトールは砂糖などとは違い、歯に付着しても虫歯菌を増殖させない(歯を溶かす酸を発生させない)という特長を持ちます。

 

さらに、キシリトールには口内環境を中性に保ち、歯垢の付着を防いでくれる上、歯の再石灰化を促進させる作用もあるという、まさにスペシャルなオーラルケア成分なのです。

 

しかも、しっかり甘いのにカロリーは少なく、被験者に過剰摂取(平均摂取量の7倍)を毎日させる実験を2年間行っても、誰も身体に悪影響が見られなかったという、ある意味とんでもない健康成分だったりもするんです(^^ )

ハッカ油・スペアミント

ハッカやスペアミントは、口に入れるとスーッとした感じがありますが、この爽快な刺激が歯茎などを刺激して、歯茎を健康に保つ働きがあります。

 

商品によってはこれらの香味剤が含まれていないホワイトニング歯磨きもありますが、はっきり言って不味くて気持ち悪くて…個人的にはオススメしません(^_^;

 

また、スペアミントには口臭を抑える働きもあるので、ヒドロキシアパタイトやキシリトールで汚れや歯垢を除去する作用とプラスアルファで、口臭の予防や改善に役立ちます。

 

スペアミントはかなり辛みが強いイメージがありますが、美歯口の場合はこれが必要最低限に調整されているので、辛みの強い薬用マウスケア商品が苦手な方でも、安心して使えますよ。

美歯口マウストリートメントの全成分

原材料/成分
水/湿潤剤:ソルビトール、グリセリン/粘結剤:キサンタンガム/清掃剤:ヒドロキシアパタイト/着色剤:酸化チタン/甘味剤:キシリトール/可溶化剤:PEG-60水添ヒマシ油/湿潤剤:ホスホリルオリゴ糖Ca/保湿剤:グリチルリチン酸2K、加水分解コラーゲン、タウリン、リシンHCl、グルタミン酸、グリシン、ロイシン、ヒスチジンHCl、セリン、バリン、アスパラギン酸Na、トレオニン、アラニン、イソロイシン、アラントイン、フェニルアラニン、アルギニン、プロリン、チロシン、イノシン酸2Na、グアニル酸2Na/香味剤:ハッカ油、スペアミント油/保存料:銀、酢酸、フィチン酸、炭酸水素Na、フェノキシエタノール

参考:美歯口オフィシャルサイト

http://bihaku.tokyo/products/detail/3?admin=1

まあ…この成分表を見てもらうと丸分かりなんですが、成分的には被っているものも多く、内容は歯磨き粉とあまり変わらないですね。

 

ただ、歯磨き粉の方は「歯をきれいにする」という事に重点がおかれているのに対し、マウストリートメントは「歯の美しさを保つ」事に重点がおかれているのです。

加水分解コラーゲン

その「歯の美しさを保つ」という目的を顕著に表している成分が、この加水分解コラーゲンです。

 

コラーゲンと言えば、化粧品なんかでも保湿ケア成分として有名ですよね。

 

これが口の中でも同じような働きを担っていて、加水分解コラーゲンが歯や歯茎をコーティングする事によって、口内の潤いを一定に保つ効果を発揮します。

 

口内が乾くと虫歯菌や歯周病菌が繁殖しやすくなったり、色素沈着を起こしやすくなったり、口臭が発生したりと散々なのですが、加水分解コラーゲンがこれらのトラブルを予防してくれるんです(^^ )

歯磨き粉とマウストリートメントはセットで使おう!

ここまで、美歯口に含まれている成分について解説してきた訳ですが、美歯口の歯磨き粉とマウストリートメントの成分には、お互いの足りない部分を補って、足りてる部分は相乗効果を生み出すという働きを持っています。

 

これらの商品、またはそこに含まれている成分は、単体としても素晴らしい効果を持つものなのですが、両方を併せて使う事でさらに効果がアップしてくれるんですね。

 

なので、出来るだけ美歯口の歯磨き粉とマウストリートメントは、いつも一緒に使うようにする事をオススメしたいですね(^^ )

 

美歯口の口コミはこちら>>

 

美歯口30DAYSホワイトニングキットは返金保証付きで試せます!

美歯口ホワイトニングキットはこちらからどうぞ

美歯口は効果がない?GENKINGおススメの使い方

カリスマオネエタレント・GENKINGさんが広告塔を務めている事で話題のホワイトニング歯磨きシリーズ「美歯口(びはく)」。

 

この商品はプロの歯科医師たちにも推奨される程、確かなオーラルケア効果を持つ商品の筈なのですが、ネット上の極一部では「美歯口は効果が無い」という噂が流れてしまっているんだとか。

 

そこで当記事では、その「効果なし」という噂の真相に迫っていこうと思います。

GENKING 歯磨き粉は効果がないと言われている?

この項では、美歯口に向けて投稿された悪い口コミを元に、その商品としての効果の有る無しについて考察していきます。

悪い口コミ①…歯が白くならない!

美歯口を使い始めてから2週間。ちゃんと毎日欠かさずに歯磨き粉もトリートメントも使っているのに、歯が白くなってくれません…。

コメント

美歯口に配合されているホワイトニング(漂白)成分は「ポリリン酸」というもので、歯科医院やクリニックで使用される他のホワイトニング成分と比較すると、若干パワーは弱めの成分です。

 

そのため、美歯口を毎日欠かさずに使用したとしても、歯が完全に白くなるまでにはある程度の時間が必要となります。

 

しかしながら、美歯口にポリリン酸が使われているというのは別に悪い事では無く、ご家庭で手軽かつ安全にホワイトニングケアを行っていくためには、この成分が最も適しているのです。

 

…とは言え、1~3ヶ月程度もあれば、十分よい結果が得られるんではないかと思いますので、出来ればその位は継続して使ってみていただきたいですね。

悪い口コミ②…トリートメントをしてもすぐに歯が汚れてしまう

美歯口のトリートメントは、色素汚れを落とした歯に新たな色素汚れが付かないようにしてくれると聞いていたのに、コーヒーやワインなどを飲むといつの間にかまた歯が汚れてしまっています…。

コメント

美歯口には歯に付いた傷を修復(再石灰化)し、さらにマウストリートメントで歯の表面をコーティングする事で歯に色素沈着が起こりにくい状態を作る効果があります。

 

しかし、トリートメントは時間が経てば効果が薄れてしまいますし、再石灰化が完了していない窪み(傷)のある部分には、どうしても色素汚れが付着しやすくなってしまいます。

 

ただ、これは美歯口をそれなりにマメに使用していれば避けられる事であり、飲食後にきちんと歯を磨いていれば特に問題は無いですね。

 

そうして美歯口を継続して使用していく事で、徐々に汚れにくい美しい歯に変わっていく筈です。

GENKINGおススメの使い方

ここまで「美歯口は効果なし!」…という口コミから、その効果が思うように現れてくれない理由を解説してきた訳ですが、やはりそこは具体的な効果アップに繋がる使用法を知っておきたいところですよね

 

という事で、この項では美歯口の広告塔であるGENKINGさんが、オススメしている…かもしれない効果的な使い方をご紹介していこうと思います。

効果アップのススメ①…歯磨きはこまめに

これについてはホワイトニングをする際の大前提とも言える事ですが、歯磨きをする回数は多ければ多いほどホワイトニングには効果的です。

 

もちろん歯や歯茎が傷んでしまう程過剰に行うのはNGですが、せめて3食の食事の後には毎回行うようにしましょう。

 

特にトリートメントは時間が経つ毎に少しずつ落ちていってしまうため、できる限り毎回の歯磨きとトリートメントの間隔が長く開きすぎないように心掛けていただきたいところですね。

効果アップのススメ②…出来るだけ長く続ける

美歯口の効果に不満を感じている方は、そもそものホワイトニングケアに掛ける継続日数が足りていないというケースが多く見られます。

 

効果を感じておられる方の口コミを参考にすると、ほとんどの方が2~3ヶ月程度でホワイトニング効果を実感されているようですので、とりあえずはその辺りを目安に様子を見ながら継続していただくのが良いかと思います。

効果アップのススメ③…歯磨き粉とトリートメントは必ず併用する

美歯口には歯磨き粉とマウストリートメントの2種類の商品があり、それぞれを単品で購入する事も可能な訳ですが、基本的には美歯口は2つで1つの商品です。

 

歯磨き粉だけで使用すると、ホワイトニング後の黄ばみ予防が出来ませんし、トリートメントだけの場合はホワイトニングが出来ないので、これまた効果は弱くなってしまいます。

 

美歯口は歯磨き粉とマウストリートメントが相乗効果を生み出して最高のポテンシャルを発揮する商品ですので、必ず2種類揃えて使用していただきたいですね。

 

GENKINGの歯磨き粉 口コミはこちら>>

 

美歯口30DAYSホワイトニングキットは返金保証付きで試せます!

美歯口ホワイトニングキットはこちらからどうぞ

GENKINGの歯磨き粉美歯口の危険性や副作用は?

GENKINGさんがイメージモデルをされているホワイトニング歯磨き「美歯口(びはく)」。

 

SNSやネット掲示板の口コミを見る限りでは非常に評価の高い商品みたいですが、それだけ効果の強い成分には副作用の危険性などは無いのでしょうか?

 

…という訳で、実際に美歯口の成分の安全性について調査をしてみました!

GENKINGの歯磨き粉美歯口の危険性は?

歯磨き粉およびマウストリートメントは直接口に入れる商品ですので、その危険性として考えられるのは「配合成分による健康被害」が主な問題として挙げられるかと思います。

 

では、美歯口に配合されている成分にはどのようなものがあるのかを見ていく事にしましょう。

ヒドロキシアパタイト

歯の組成に関わる成分で、歯の象牙質の70%、エナメル質の97%程度がこのヒドロキシアパタイトから構成されています。

 

この成分の原料となるのは「ホタテの貝殻」で、人体に悪影響を与えるような作用は全くありません。

 

ヒドロキシアパタイトは歯の再石灰化を促進するとともに、口内の殺菌を行うという作用がある自然由来の安全性の高い成分です。

ポリリン酸ナトリウム

ポリリン酸ナトリウムはミネラルの一種であるリン酸の化合物で、人体においては骨や歯の形成に欠かせない成分です。

 

ポリリン酸ナトリウムは人間の体に元々存在しているものですし、食品にも変色防止の添加物としてよく使用されている天然由来の成分なので、安全性も非常に高いものであると言えます。

 

まあ、過剰摂取をするのは良くないとされてはいますが、そもそも美歯口は歯磨き用品なので、少々誤飲をしてしまう事はあっても直接体内に摂り込むものではありませんので、そういった心配も全くありませんね。

アスパラギン酸ナトリウム

アミノ酸の一種で、美歯口に配合されているアスパラギン酸ナトリウムはトウモロコシから作られているものです。

 

そして、歯磨きにおいての働きは、発泡剤として歯に付着したたんぱく質を主体とする色素汚れを包み込んで浮かせる作用となります。

 

アスパラギン酸ナトリウムは人体の活動に必要な必須アミノ酸の一つでもありますし、原料の面から見ても、同成分は私たちが普段から食べている食物から作られている成分ですので、万が一体内に吸収されたとしても健康被害などをもたらす事は無いでしょう。

ハッカ油・キシリトール

美歯口には口内に爽快感を与える目的と、すっきりとした味を出す甘味料・香料として配合されています。

 

どちらも大量に摂取すればお腹が緩くなってしまう可能性のある成分ですが、流石に歯磨き中にそこまで大量に飲み込んでしまう事は無いと思いますよ。

GENKINGの歯磨き粉美歯口を使用して副作用はあるのか?

ここまで美歯口に配合されている主要成分を紹介して来た訳ですが、他の成分についてもほとんどが自然由来の成分ですので、どれも身体に悪影響を与える可能性はほぼ無いと思われます。

 

…というか、そもそも美歯口は食べ物でも飲み物でもありませんし、配合成分が直接体内に吸収される事はまずありません。

 

まあ、小さなお子さんなどが誤飲してしまう可能性は考えられるところではありますが、そこは親が少し注意してあげれば済む事ですし、歯磨き中に多少間違えて飲み込んでしまったとしても、そこまで心配する程の事では無いと思いますよ。

 

つまり、美歯口を普通に使用している上では副作用の危険性などはほぼ有り得ないという事ですね。

 

また、副作用とまではいきませんが、市販品のホワイトニング用の歯磨き粉やマウスウォッシュなどは、味がとても辛く刺激が強過ぎたり、石膏のような独特な味のものも多く、若干利用し辛い商品がありますよね。

 

そういった風味が苦手な方は歯磨き中に気分が悪くなったりしてしまうケースも多いのですが、美歯口は刺激は控えめでホワイトニング歯磨き粉にありがちな変わった味などもしませんので、お子さんからお年寄りまで、誰にでも使用しやすい商品になっています。

GENKINGの歯磨き粉 口コミはこちら>>

 

美歯口30DAYSホワイトニングキットは返金保証付きで試せます!

美歯口ホワイトニングキットはこちらからどうぞ

GENKINGの歯磨き粉の最安値はここ!楽天やamazonでも購入できるのか調査

最近、雑誌やインターネット上で良く見かける商品がありまして、そこにはカリスマオネエタレントのGENKINGさんの真っ白で綺麗な歯が印象的な写真が載せられていました。

 

それがホワイトニングを含むオーラルケアが簡単に自宅で出来てしまうという「美歯口(びはく)」という歯磨き粉とマウストリートメントなのですが、これがまたちょっと変わった販売方法を行っている商品だったんですよね。

 

最安値で購入できる方法を調べましたので、ご紹介します。

GENKINGの歯磨き粉の販売店はどこ?

広告塔のGENKINGさんの素敵な笑顔を見ていると、「私もこんな清潔感のある歯になりたいな~」という気持ちが沸々としてきて、とりあえずちょっと試してみようと、購入先を探してみたのですが…。

 

…何と美歯口は神戸と大阪にある「ホワイトニングカフェ」というホワイトニングサロンでしか購入出来ないとの事。

 

しかし、それでも諦めきれない私は、色々なインターネット通販サイトを巡ってみる事にしました。

GENKINGの歯磨き粉は楽天で購入出来る?

楽天市場と言えば、国内では最も規模の大きいオンラインショッピングモールですので、ここなら美歯口も余裕で手に入るだろうと考えていました。

 

しかし、いくら探してもどこのショップにも置いていない…キーワード検索をしようが、カテゴリーから一つ一つ探していこうが何もヒットしてくれませんでした。

 

ちなみに、楽天市場内には美歯口と類似している商品は無かったので、全然違うものを間違えて購入してしまう事も無かったのは不幸中の幸いでしたね。

 

美歯口にはマウストリートメントが付属しているのですが、これがかなり珍しいタイプの商品みたいです。

 

まあ、類似品が無いという事は、諦めて下位互換の商品で手を打つ事が出来ないという事でもあるんですけどね…。

GENKINGの歯磨き粉はAmazonで購入できる?

「国内最大」がダメならお次は「世界最大規模」…という事で、Amazonでも美歯口を探してみました。

 

まあ、楽天市場に置いていなかった時点で薄々気付いていたのですが、やはりAmazonでも美歯口は販売されていませんでした…う~ん残念。

 

でも、Amazonで「美歯口」とキーワード検索すると、ちゃんと予測候補が表示されて、幾つかの商品が提示されるんですよね。

 

しかしながら、提示される商品は全部美歯口とは関係の無い商品で、しかも若干似たような名前のものがあったりもするので、事前に美歯口の商品パッケージを見ていなかったら、間違えて購入してしまったかもしれません。

 

…という訳で、読者の皆さんも間違わないように気を付けて下さいね。

GENKINGの歯磨き粉最安値はどこ?

楽天市場にもAmazonにも美歯口は置かれていなかったので、これは神戸か大阪に行かないと買えない商品なのかな…と思っていたら、ホワイトニングカフェの商品紹介ページの下の方に小さく「LINEでご注文なら自宅までお届けします」との文言が。

 

そう、ネット通販や一般店舗(ドラッグストアなど)では購入出来ないけど、美歯口をLINEで購入すれば、どこに住んでいても美歯口を届けて貰えるのです。

 

何というか、ちょっとご当地グルメみたいな販売方法だなぁ…(笑)。

 

まあそれはともかくとして、神戸か大阪にお住まいの方は店舗に行けば即購入出来る訳ですが、実はかなり近所にホワイトニングカフェのサロンがあるという方以外の場合は、LINEを使って購入した方がお得になるんですよね。

 

美歯口を店舗まで買いに行こうとすると、そこに至るまでの交通費や手間・時間なんかが掛かってしまいますが、LINEで注文してしまえば後は商品が届くのを待つだけですし、歯磨き粉とトリートメントをセットで購入すれば、送料も掛からないのです。

 

そう考えると、ホワイトニングカフェの店舗から離れたところに住んでいる人はもちろんの事、店舗から割合と近い場所に住んでいる方でも、美歯口を最もお買い得な金額で購入したいなら、LINE注文が一番良いような感じがしますよね。

 

しかし、店舗とLINEという若干狭い販路の中にあって、これ程多くの雑誌や美容ブログなどのメディアに取り挙げられている商品も珍しいです。

 

それは美歯口が本当に効果・品質の高い商品であるという証明にもなりそうですね。

 

GENKINGの歯磨き粉 口コミはこちら>>

 

美歯口30DAYSホワイトニングキットは返金保証付きで試せます!

美歯口ホワイトニングキットはこちらからどうぞ